ブログ

2012.07.05更新

足立区北千住の税理士、髙橋雅人です。


今や日本全体の関心ごとである消費税増税ですが、長い年月を経て、とうとう実現しそうですね。

消費税の増税については、賛成の方もいらっしゃれば反対の方もいらっしゃると思います。
もちそん賛成の方も、日本の財政事情を考えればやむを得ない・・・という思いでしょう。

とは言え、消費税の増税は直接影響を受ける方が大多数です。
法案が成立すると、平成26年4月には8%となり、平成27年10月以降は10%となります。
今まで525円だったランチは550円となり、ちょっと贅沢して1050円だったランチは1100円となってしまうのです。
こういう支出が積もりに積もると、年間の家計負担の増加は避けられません。

しかし、今や消費税は国の税収の4分の1を占めていて、欠かせない税収になっています。
どんなに節約しても生活必需品の消費は落ちませんから、消費税は他の税金に比べて景気の影響を受けにくいのです。
このまま、ますます消費税への依存は強くなっていくのではないでしょうか。
実際、欧米諸国の消費税率は日本に比べて高いです。
(生活必需品の税率は低く設定しているなど、低所得者対策などを行っていますが)

消費税によって税収を稼ぐことは、世界的に見ても様々な国で行っており、この流れはやむを得ないのかもしれません。
しかし我々国民の感情としては、消費税増税をするならば、税金の無駄遣いをもっと減らして欲しいという思いは拭いきれません。
野田首相には、支出削減も積極的に行ってもらいたいものです。

投稿者: 髙橋会計事務所

2012.07.02更新

足立区北千住の税理士、高橋 雅人です。

いよいよ2012年も下半期に突入ですね。



7月の税務行事と言えば、

まず「源泉所得税の納期の特例」の承認を受けている方にとって大変重要な、
納付期日がやってきます。

1月~6月に徴収した税額は、7月10日までにきちんと納付しましょう。



納付が遅れてしまうと、不納付加算税等が発生することもありますのでご注意ください。



投稿者: 髙橋会計事務所

無料相談実施中 tel:03-3879-5285無料相談実施中 tel:03-3879-5285
営業時間 平日9:00-18:00 お問い合わせはこちら