節税業績改善についてはこちら
ホーム > 税理士の選び方

税理士の選び方

今の税理士に何でも相談できますか? 税理士に何を求めますか?

税理士に必要なモノ

税理士に必要なモノ

税理士の仕事は、申告書作成や月次監査だけではありません。もちろん、税理士の根幹業務であることは確かです。しかしこれら以外にも、決算の事前対策や経営全般のアドバイス、経営者や従業員個人の相続やライフプランなど、様々なことに対してアドバイスできる能力も必要になってきます。
そして税理士は、経営者様の一番のパートナーであることが何より大事です。
弊社では、お客様に提供するサービスの質はもちろんのこと、常にお客様の立場で物事を考えて、お客様に寄り添ったパートナーであることを心掛けています。

的確アドバイスを提供できるのか?

的確アドバイスを提供できるのか?

税制改正は毎年のように行われています!
経営の意思決定に役立つタイムリーな情報入手は、会社経営においてとても大事なことです。税理士による積極的な情報発信や、相談事項や質問事項に対する回答が適時かつ的確に行われているかどうか、これらは税理士を選ぶ上でとても重要になってきます。
髙橋会計事務所では、ご質問及びご相談に対する迅速な対応はもちろんのこと、税制改正をはじめとする情報発信も積極的に行っています。

税務調査になった場合の対応ができるのか?

税務調査は、税理士の対応次第で結果が大きく変わるというのをご存じでしょうか。

高橋会計事務所では税務調査を円滑かつ優位に進めるために、通知があってから調査が終了するまで徹底的にサポート致します。事前打ち合わせや当日の立会いはもちろんのこと、調査後も納得のいくまで税務署と折衝し、お客様の立場に立った対応を行います。所長の髙橋雅人は税務調査の対応実績も豊富ですので、安心してお任せ下さい。
そしてさらに、税務調査を回避する「書面添付制度」をご存じでしょうか。これは、税理士による意見聴取により、税務調査が省略になる可能性があるものです。弊社では毎月の監査や指導によって決算の精度を向上させて、税務署などから信頼性の高い申告書を作成提出致します。

一般的な税理士の探し方

1. 友人・知人からのご紹介

友人や知人からの紹介であるため、税理士の能力や人間性、信頼性などがわかりやすく、安心できるというメリットがあります。しかし相性などもあるため、合わなかった時に断りにくいというデメリットもあります。

2. 紹介会社からのご紹介

最近では税理士をはじめとする士業の紹介会社が増えてきています。税理士を探している経営者のために、その会社に登録している税理士の中から選んで紹介するというものです。

3. インターネットで検索

最近ではホームページを開設している事務所はもちろんのこと、そのホームページを営業ツールとしている事務所が増えています。そのため容易に情報収集ができて、事務所の比較検討をご自身ですることが可能です。