節税業績改善についてはこちら
ホーム > 節税業績改善

節税業績改善

当事務所の節税業績改善メニューとは?

当事務所は節税、業績改善に特化した税理士事務所です

当事務所は節税業績改善に特化した税理士事務所です

不必要な費用を使い会社を赤字にすれば法人税はかかりません、税金を減らすのは容易なことです。
ただ、このような考えで税金対策を行っているのであれば大変、損をしています。その様な、税金対策をしていなければ現在、会社の現金預金残高は今以上に多いはずです。理由は明確です。40万円の税金を減らそうとすれば、無駄な経費を100万円使うことりなりますので、60万円分の現金預金がなくなっていることになります。その他には間違いやすい税金対策も御座います。
髙橋会計事務所は業績改善に特化した事務所です、是非一度ご相談下さい。

今の時代節税・業績改善が必要な理由

今の時代節税・業績改善が必要な理由

今まで経営者の多くは、節税に重点をおき決算書の作成をしてきました。決算書の節税は税金を最小限の抑えることが出来るので、利益を大きく作らす、黒字のぎりぎりラインで決算書の作成をすればよく、そのために利益が大きく出たら役員の報酬を上げる等の対応をしてしまえば簡単に節税が可能になりました。
しかし金融検査マニュアルができたため、金融機関の融資の条件が決算書を重視することなり、融資の編団を企業の格付けから判断することになったので、安易の節税は逆に効果的ではない状況になってしまったのです。
この格付けは信用格付け制度と呼ばれ、利益や自己資金に重点をおき各企業に付けられております。
現在まで節税対策のために、決算で利益を抑えていた企業は当然、自己資本は少なく、利益も少なくなおります。
そうような企業は、節税の効果により税金の支払いを抑えてきた代わりに、格付を落としてしまっています。
格付によって、企業に融資を行うかどうか、基準の金利をいくらかに設定するか決定しています。
今後の企業は、節税により格付を下げるか、税金を納めることにより格付けを上げるかを判断し経営を行っていく必要が御座います。

沢山のお客さまから 喜びの声を頂いております。